Home > よくある質問

よくある質問

・会員について

Q.共済給付金の受給資格はいつから有効になりますか

受給資格は、入会した月の翌月の一日午前零時から有効となります。それ以前に発生した共済事由については、対象になりません。

Q.誰でも会員になることができますか

当会に入会できる方は、市内の中小企業の勤労者及び事業主、市外の中小企業の勤労者及び事業主で市内在住の方を対象としています。

Q.いつでも入会することができますか

随時入会を受け付けています。

Q.入会の手続きを教えてください

次の書類の提出が必要です
①加入申込書 ②事業所カード ③会員登録書 ④預金口座振替依頼書
書類は、ホームページ又は事務局窓口で入手できます。
ただし、④は窓口配付のみです。

Q.会費等について教えてください

入会時に一人500円の入会金が必要です。
会費は、一人月額700円になります。
会費の納入は、事業所単位で毎年4月から3か月分を年4回(前納)、指定口座から引落しされます。ただし、新規入会時は入会申込月分から計算し、現金で納入いただきます。

例)5月1日に2人、入会した場合は、入会金と会費(5月、6月分)が必要
(入会金500円+会費700円×2月分)×2人分 合計3,800円

Q.会員になるとどんな特典がありますか

大きくは、次の事業(サービス)を用意しています
①共済給付事業(慶弔共済給付金として発生した事由により)
永年勤続祝金・結婚(銀婚)祝金・傷病見舞金・弔慰金などを給付します
②福利厚生事業
格安なバスツアー等の企画、全国のホテル旅館の低価格で利用情報の提供
コンサート等の割引チケット斡旋、宿泊料金や観劇・鑑賞料金などの補助

Q.会員をやめる場合はどうすればよいですか

「脱会届」を提出してください。脱会の月日により、口座引落の関係から会費の納入又は返還が発生する場合があります。

・共済給付金について

Q.退会した場合の受給資格はいつまでですか

脱会届を提出した月の末日の翌日午前零時に失効します。

Q.共済給付事業(慶弔共済給付金)にはどのような給付がありますか

給付事由や給付金額、必要書類などの詳細についてはココカラご覧ください。

Q.共済事由は発生からいつまで申請できますか

事由発生から3年以内ならば申請できます。ただし、退会後は申請できません。

Q.給付金の受領方法を教えてください

祝金は、2019年度から事務局で直接受領することができます。その際、申請に来られた方の受領印が必要になります。なお「見舞金・弔慰金」は、従来どおり指定された口座に翌月の中旬頃の振り込みになります。

・福利厚生事業について

Q.補助事業の申請期限はいつまでですか

領収書やチケット(半券等)に記載のある利用日から3か月以内に申請してください

Q.補助事業には、どんな事業がありますか、また申請方法を教えてください。

次の補助事業があります ①宿泊旅行補助 ②日帰りバスツアー補助 ③映画鑑賞補助 ④東京ディズニーランド・シー補助 ⑤コンサート等補助 ⑥ゴルフコース補助 ⑦人間ドック補助 ⑧健康診断補助 ⑨インフルエンザ予防接種補助 などがあります。 申請には、各事業の申請書に領収書等を添付し、事務局に申請してください。その場でキャッシュバックいたします。 なお、2019年度から補助対象は、すべて「会員のみ」になっています。また、申請書の様式も変更していますのでご注意ください。補助額等の詳細については、ガイドブックの「各補助事業」及びココカラご覧ください。

Q.人間ドックの補助を受けるにはどうすればよいですか

病院は、稲城市立病院のみになります。他の医院では受診できません。
事前に受診希望日とコースを事務局に連絡してください。事務局が市立病院と調整し、ご本人に「人間ドック利用承認書(8,000円)」等を送付しますので、当日市立病院に提出してください。なお、他の医院等で人間ドックを受診された場合は、健康診断補助2,000円の補助対象になります。